元総監督高橋みなみAKB48の握手会の格差について語る

c075a8b8f6ab97773036f10f2ba5d44b_0

たかみな元総監督がAKBの握手会について読売テレビの情報番組で語ってい

ましたね。自身も前田敦子がいた頃はあっちゃんのレーンの横で自分の前には

人がいなくてあっちゃんの所に並んでいるファンに声をかけられる辛い過去があ

ったことを告白していましたね。

過酷な現場の握手会

AKBや姉妹グループを含め握手会というのは全国各地で毎週のように行われて

います。握手会がないときはライブなどをやっているためAKBグループは土日は

ほぼどこかで誰かがなんかしらのイベントに参加しているハードスケジュールです。

 

個人的には握手会、ライブや写メ会、劇場など色々と行っていますが握手会と、

写メ会あたりがメンバーにとってはかなりハードではないかと感じます。

握手会もやはり個別の方がかなり体力と精神力を使うと思います。

スポンサードリンク


>

 

さや姉や咲良などの人気のメンバーですと個別では約300人を90分くらいでこなし

それを1日5セットをこなしていきます。1人につき10秒くらいです、短いようで長い

時間なのです。それを1日中一人一人のファンに気を使いながら1500人くらいと

接しなければならないのです。

言葉のチョイスを少し間違えてしまっただけでファンに誤解を与えてしまうのでそりゃ

あもう神経がすり減るような重いですよね。想像してみてください初めての人に気を

使いながら機嫌を損ねないように聞かれた質問にも瞬時に答えてときには変わったこ

とを言うファンを相手にしてそれを10秒ずつ1500人こなすのです。

 

営業とかやっている方ならわかると思いますがこれはとてつもなく過酷な労働です。

それを多い時は毎週やってますからね。ライブ終わりに最終の新幹線や飛行機に

飛び乗り、次の日朝から握手会なんてことはよくあることです。

スポンサードリンク



 

しかも人気メンバーはテレビ出演やドラマとかも入っていたら殺人的なスケジュール

であることが想像されます。それでも休むと人気が下がってしまうのではないかと思

って多少の無理をして倒れてしまう子が多々います。

誰もいないレーン

逆に握手会、写メ会等で人気のないメンバーなどは最初の5分とかで列が終わって

しまって残り85分ずっとたって誰も並んでないレーンの前で待っているのです。

それが人気メンバーのレーンの横だったりしたらまさに地獄絵図です。

 

人気メンバーの所に並んでいるファンは待っている間は暇なのでなんとなく隣りは

誰のレーンなんだろう?みたいに見てしまいます。その視線がかなり精神的にやら

れるみたいですね。

 

こそこそ話しているとあれ誰?みたいな目で見られて誰もいないじゃんと同情の目で

見られたりしてとても辛い現場です。

中にはじっとしているのに精神的に耐えられなくて気を紛らわす為にみたくもない

スマホを見たりやりたくもない学校の宿題をしたりしている子も見かけます。

 

そんな現場を10年以上見てきたたかみなですからメンバーの気持ちを理解している

からか放送では涙を流していましたね。私も最近では握手券は最終受け付けで売れ

残っているメンバーの中から選んで買っています。

だぶん私みたいなファンも多いんではないかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ