元NMB48の村上文香が現在NHK大津のアナウンサーに

村上文香

去年の三月に卒業した元NMBあやちゃんこと村上文香ちゃんがアナウンサーになった

というニュースが入ってきましたね。

NMBの頃は特に目立った存在ではなかったので

すがアナウンサーになるのが夢だったのでよかったですね。NMBはやはり世間一般で

はさや姉とみるきー、が有名みたいで握手会や劇場に行く人にとってはあやちゃんくら

いだと超有名人なんですけどんね。やはり私の周りのAKBファンではない人に聞いても

さや姉、みるきーがなんとなくわかる程度なんですよね。

それでもあやちゃんはNMBの2期生でNMBのシングル選抜にも2回はいったことのある

立派なアイドルだったんです。

高校三年生の時NMBへ

高校3年生の時ににNMBに合格したあやちゃんそれまでもよしもとのガールズユニットみ

たいなので芸能活動をしていたみたいですね。元々AKBのことは知っていて大阪にNMBが

出来るのを知って1期のオーディションを最初は受けたみたいです。残念ながらその時は

最後の審査まで残ったのですが、落ちてしまいました。この時に受かったのがあやちゃんと

同じ年のさや姉やみるきーでした。

スポンサードリンク



 

オーディションに落ちましたが、諦めきれずに2期に応募して受かりました。後にあの時に

1期で受かっていたらそれまで少しですけどタレント活動とかもしていたのですんなり1期

で受かっていたらかなりの天狗になっていてダメになっていたでしょうと言っています。

 

合格から半年ほど経ってNMBのシングル選抜の発表がありましたが、入れませんでした。

しかし、2011年のNMBの最大の不祥事、(そうあのみるきーが選抜を外され吉田明里が

謹慎になった事件)により代わりに選抜入したのがじつはあやちゃんだったのです。

その時はやはり嬉しかったのですが、やはり心のどこかで代わり選抜という思いがありまし

たがもらったチャンスなんで頑張ろうと思ったそうです。

それから劇場公演などNMBの活動と学業を両立しながら大学にも合格してNMB初の女子大生

アイドルになりました。大学に入った理由はやはりいずれはアナウンサーになるのが夢なの

で行きたかったみたいですね。大学が決まってすぐのシングル、ナギイチでは初めて選抜

メンバーに選ばれ、前の選抜の時とは違い今回は自力で入りましたとすごく喜びました。

 

スポンサードリンク



それからは、選抜に選ばれることは無かったのですがNMBの一員として公演や握手会などを地

道にこなしていました。大学3年生の時に卒業の目処もたったので、アナウンサーに向けての

勉強に集中したいとの理由で卒業を発表しました。

AKBは夢への踏み台

元々秋元さんはAKBグループに入るのが夢ではなく自分の夢を叶える踏み台にして欲しいと言

っておりまさにあやちゃんなんかは理想の形なんじゃないかなあと思います。

AKBで例えば総選挙で上位になってもやはりその時がピークで辞めてから廃れるよりもあやち

ゃんのようにAKBが踏み台になって夢を叶える子がどんどん出て欲しいですね。

だってAKBは結局選挙で選抜メンバーになれずに辞めていく子の方が圧倒的に多いですから、

なのでこのあやちゃんは今のAKBグループで頑張っている子の励みになればいいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ