HKT48 ドキュメンタリ映画の感想  上映期間はいつまで

指原莉乃監督のHKT48ドキュメンタリー映画みました。

上映期間は地方はほぼ終わっていますね。

 

名古屋、大阪、福岡など支店がある主要映画館ではまだ上映して

いるみたいです。まあ長くても3月いっぱいには終わると思います。

 

HKTファンの方はもちろん他のAKB,NMB,SKEのファンの方でも

ぜひ見て欲しいくらい完成度は高いです。

 

やはり元々アイドルオタクである指原さんが監督ということもあり

メンバーの考えていることや本音などここまでは出していいかとか

 

これ以上だしたらアイドルとしてどうなのかとかファンが知りたい

ことやでもこれ以上は言ってはならないとかのラインがものすごく

絶妙なラインで描かれています。

 

特にピックアップされているのは今まで一度もHKTのシングル選抜

に選ばれたことのない、りコピこと坂口理子と、こちらも一度も

選ばれたことのないはるたんこと上野遥にスポットが当たっていま

す。

 

りこぴは2014年AKBの選抜総選挙で60位、2015年には

37位なのになぜ一度もHKTのシングル選抜にえらばれないのか

というファンと運営側とのやりとりが描かれています。

りコピファンの方と尾崎支配人のやり取りは他の芸能人とかでは

考えられないような話す場面がありました。

スポンサードリンク



HKTの中での総選挙順位でも2014は10番目2015年に至っ

ては8番目なのになぜ16人のなかに選ばれないのかりこぴファン

からしたら納得いかないでしょう。

 

そしてレコード会社の人や尾崎支配人や秋元康さんや数名のスタッフ

によるあのリアルなシングル選抜メンバーを決める会議のシーンはみ

なさんここまで流していいの?とビックリしたんではないでしょうか。

 

そして劇場公演に何回かいったことのある人は彼女の努力と劇場に対する

熱意は誰もがわかっている 上野遥 がピックアップされてます。

はるたんはHKT劇場出演はおそらく最多かと思います。

おそらく500回はゆうに超えてると思います。

 

私も初めて劇場に行った時には、ものすごく輝いている子だなとよく覚えて

います。とにかく本当に楽しそうに踊る子です。

ほんとうに一分一秒手をぬかない子です。

 

そんなはるたんのセンター大抜擢のシーンははるたんファンには涙なしには

見られなかったと思います。

 

あとはなこみくこと、矢吹奈子ちゃん田中美久ちゃんコンビこの二人は結構

セットで取り上げられるのですが握手会でいつもとなりのレーンで奈子ちゃん

よりみくりんのほうが明らかに並んでるシーンで奈子ちゃんがいじりたくも

ない携帯をいじっている姿なんかはもう見ていてたまらなかったです。

 

そして次のシーンでは指原監督にそのことを聞かれてるシーンなんかはそこまで

聴くのかとビックリしましたし少し酷だなと思いました。

 

それからなんかいつの間にかいなくなった前支配人佐藤さんとサッシーの対談

や尾崎支配人とさっしーとの対談と内容は盛り沢山です。

 

ラストの終わり方なんかも見事だと思いました。

ちなみに劇中の桜みんな食べた誰が歌ってたかわかりましたか?

ぜひ他の支店のファンの方にも見てもらいたい映画です。

 

ちなみにHKT48のエースは総合したらやはりはるっぴだと思います。

劇場公演に行ったことがある方なら分かりますよね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ