AKB48総選挙歴代の1位と票数まとめ

ここでは歴代の上位の順位を振り返っていきたいと思います。

 

今年もAKB48選抜総選挙が近づいてきました。今年の注目はやはり

さっしーの三連覇なるか?ということにどうしても注目が集まりそう

ですね。

 

肩書きもHKT48チームH兼劇場支配人兼SUT48劇場支配人兼任と

色々つきましたしね。昨年の勝ち方が神がかり的だったので今年は

勝つのは当然としても24万票はおそらく難しいのではないかとおも

われます。

スポンサードリンク


>

第1回AKB48選抜総選挙 前田敦子 4630票

第1回の総選挙は1位は前田敦子でした。

そもそも総選挙が始まったきっかけは選抜メンバーは運営側で決めて

いたのですが、それをファンが自分の推しメンはどうして入らないんだ?

 

などと運営側に苦情をいい出したのがキッカケになり、そこで秋元康が

だったらファン投票で決めたらいいじゃないか?というのがきっかけで

した。

 

今となっては本当に秋元さんの一声で始まったのか元々ビジネスモデル

に総選挙が組み込まれているのかは謎ですがいまでは経済効果は50億円

以上とも言われるようなイベントになりましたね。

 

最初の総選挙の投票数が少ないのは投票券が通常盤にしか付いていません

でしたしCDの売上もまだミリオンにはほど遠かった時代でしたね。

 

2位は大島優子シングルの序列とかでは後ろの方でした、AKBの大島と

言えば初期の頃はやはり大島麻衣の方が目立っていましたので優子はそ

の陰に隠れるような存在でしたが、その大島麻衣が卒業してからは少し

頭角を表すようになったような気がします。

 

1回目のみ総選挙の司会は運営の戸賀崎さんと現AKB総支配人の茅野

しのぶさんがやっていて手作り感がありましたね。

 

この総選挙で選ばれた上位21人が 言い訳Maybeを歌いました。

もちろんセンターは1位の前田敦子です。

第2回AKB48選抜総選挙 大島優子 31448票

第2回の総選挙は昨年2位の大島優子がAKBの絶対センターのあっちゃん

から初めて大島優子がセンターを奪い取りました。

 

下馬評ではあっちゃん2連覇という構図でしたが水面下で大島優子の

ファンが結束して1位を狙っていたんでしょうね。この頃から各メンバー

の選挙対策委員みたいなのも出来ていったみたいです。

 

そして第1回と第2回の上位7人が同じだったことから、

大島優子、前田敦子、篠田麻理子、板野友美、渡辺麻友、小嶋陽菜

高橋みなみの7人を神7と呼ぶようになりました。

 

神セブンというのはこの7人の事をいうのですが今ではほぼ全員が

卒業しましたので、毎年その年に上位7人に入ったメンバーを神セブン

と呼ぶようになりました。

 

司会の方もこの年から徳光さんと木佐さんがやって来れるようになり

ました。徳さんもあれだけのメンバーの名前を呼び上げるのでたまに

名前も間違えがよくありましたが、最近では初ランクインメンバーな

んかの名前を間違える重みもわかってきたので大変ですね。

 

この年の上位21人でヘビーローテーションを歌いました。

ヘビロテは誰もが1度はカラオケで聴いたり歌ったことのあるような

日本を代表する名曲になりましたね。

第3回AKB選抜総選挙 前田敦子 139892票

第3回は前田敦子が涙のリベンジを果たしました。あっちゃんと優子

の一騎打ちとなりましたが、あっちゃんファンが意地を見せましたね。

 

第3回から投票システムが大きく変わりました今までは劇場盤には投票

券が付いていなかったのが第3回から付くようになりました。

 

これによって総投票数が4倍以上になりましたね。劇場盤に投票券がつ

くということは握手+投票ができますからね、このころからヤフオクな

んかで投票券の取引が行われるようになりましたね。

 

現在でも総選挙になると投票券が売買されてその相場は1枚800円

総選挙になると不人気メンバー推しの人なんかはここぞとばかりに大量に

CDを購入して握手券を売っていますね。

 

そうすると実質200円で握手券1枚買えることになります。

 

そしてこの年にあっちゃんの名言

私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いにならないでください 

が生まれました。

第4回AKB選抜総選挙 大島優子 108837票

2012年の総選挙は前田敦子卒業から始まりました。

総選挙の立候補が始まる前に人気絶頂の前田敦子が埼玉スーパーアリーナ

のライブで卒業を発表したんです。

 

おそらくたかみなしか発表まで知らなかったんでしょうね、優子の驚いた

表情が印象的でした。

 

あっちゃんなき総選挙は大島優子の圧勝でした。このまま優子の時代が

続くのかなあと思っていました。

スポンサードリンク


>

第5回AKB選抜総選挙 指原莉乃 150570票

この年の総選挙はみなさん一番驚いたのではないでしょうか?

下馬評では、あっちゃん卒業後は優子の一強で敵なしと言われていました。

 

しかし速報で事件が起こります。前年度4位しかもそのあとすぐにスキ

ャンダルで博多に飛ばされたサッシーが1位になります。

 

速報段階では何となくみんな、指原陣営が速報にブッ込んできた~くらい

にしか思ってなかったでしょう、後半は優子と競り合う体力はないだろう

と誰もが思ったんでは無いでしょうか?

 

しかし指原陣営は水面下で本気で1位を取りに行っていて自信もあった

みたいです。

 

さっしー選対以外の方はみんなさっしーが優子に勝ったのは驚いたのでは

ないでしょうか?あまりにもびっくりしたのか納得がいかなかったのか2位

発表と同時に会場からぞろぞろと優子のファンが会場をあとにする姿が印象

的でしたね。

 

ここから指原時代が始まりました。この年にさっしーセンターの名曲

恋するフォーチュンクッキーが生まれました。

 

恋チュンは今でもカラオケなどで歌い継がれる名曲となっています。

第6回AKB総選挙 渡辺麻友 159854票

第6回はAKBの1位は王道アイドルであるべきだと言わんばかりにまゆゆ

が念願の1位になりました。

この年の総選挙の指原陣営は若干の油断があったのではないかと思わます。

というのもHKTメンバーの底上げと芸能界では安泰のさっしーファンが

HKTメンバーに票を集めました。

 

さっしーは置いといてHKTメンバーを推している人は多いと思います。

とりあえずさっしーとHKTメンにも何票か入れようという人が多かった

せいで連覇逃しました。

 

この敗戦以降おすそ分け票は一切しなくなったそうです。

第7回AKB選抜総選挙 指原莉乃 194049票

前年の油断で敗退したさっしーがHKTの地元福岡ドームでリベンジを

果たしました。昨年まゆゆに敗退した反省からか票数は19万超と

驚異的な数字を叩き出しました。

 

ここまで総選挙で連覇したメンバーは一人もいません。

あっちゃんも優子もさっしーもまゆゆも連覇はできませんでした。

 

もうこの頃になるとさっしーの一般知名度はメンバーの中ではダントツ

バラエティー番組でも引っ張りだこいつ卒業しても本人は困らないでし

ょうけどHKTのことを考えるとまだ卒業できないといった感じでしょうか。

第8回AKB選抜総選挙 指原莉乃 243011票

第8回で指原莉乃が前人未到の2連覇V3を7達成しました。

この年はやる前からまゆゆとさっしーの一騎打ちでした。ゆきりんも

2015年のスキャンダルさえなければ戦えたかもしれませんが、やはり

さっしーとはキャラが違うので影響はもろ出ましたね。

 

前年よりも7万票も減らすという最多ダウン票でした。

 

そしてこの年はもう誰もさっしーには勝てないという驚異的な票数で

さっしーが連覇を果たすのです。その票数はなんと

243011票

逆から読んだら1位をサッシーにと語呂合わせもできるという奇跡これ

以上ないという圧勝でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ